トピックス

┃ 2021 ┃ 2020 ┃ 2019 ┃ 2018 ┃ 

 

ワクチンのしくみ

「感染症」に罹る前に事前に体内に免疫をつくります。

「感染症」とは、ウイルスや細菌などの病原体が体に入り、体内で増加することで引き起こされる病気です。免疫はその病気に対する抵抗力で、特に乳幼児期には免疫が未発達であるため感染症にかからないようワクチンによる予防接種が大切です。ワクチンは、ウイルスや細菌、または、細菌が作り出す毒素を不活化したり弱めたりしたものをもとにつくられており、ワクチンを接種することで感染症に対する免疫ができます。ワクチン接種後に、発熱、接種箇所の発赤・腫れ・しこり・発疹などの症状が起こることがありますが、通常、数日以内に自然に治ります。

 

日本でも、2月末よりコロナウイルスの予防ワクチンの接種が始まる予定です。まだはっきりとした事が分からない状況ではありますがコロナウイルスに対抗する手段が出来たことは喜ばしいことです。

より効果的で安全性が高いワクチンであって欲しいですね。

厚生労働省からも詳しい案内が出ていますのでご覧ください。

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html>

新型コロナワクチンについて厚生労働省 (mhlw.go.jp)

トピックス
(2021/01/20更新)

スタッフ日記
(2020/10/27更新)

訪問薬剤管理指導に関する
お問合せ

やまと調剤薬局 お問合せ

在宅・居宅訪問薬剤管理指導についてお聞きになりたい方やご希望の方はお気軽にご相談ください。

052-903-1163
090-8541-5185