トピックス

 ┃ 2020 ┃ 2019 ┃ 2018 ┃ 

 

『アンサング・シンデレラ』のアンサングって何?

最近薬剤師が主役のドラマが始まりましたが、「病院にも薬剤師がいると知らなかった」という人も多いのでは? 実はさまざまな関わり方で患者様の健康をサポートしている薬剤師の仕事について紹介します。

1.ドラマ『アンサング・シンデレラ』とは?

有限会社大和メディカル アンサング・シンデレラ 

1-1.連ドラ初「病院薬剤師」が主人公

20207月より放送開始した『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、日本の連続ドラマでは初となる「病院薬剤師」が主役の医療ドラマ。

「病院薬剤師」とは、その名のとおり病院で働いている薬剤師のこと。一般的に薬剤師といえば、病院でもらった処方箋を持っていき、薬局で薬を調剤してくれる人のイメージがあるのでは?

実は医師や看護師をはじめとした医療従事者のうち1割は薬剤師で、そのうちの2割弱は、病院やクリニックで働く薬剤師です。あまり知られていませんが、日本には多くの「病院薬剤師」が働いています。

さまざまな医療ドラマがある中で、これまで「薬剤師」にスポットを当てた作品はほとんどありませんでした。これは作品のタイトル「アンサング」にも表れており、「称賛されない・知られていない」といった意味があります。

 

見どころ

主人公はキャリア8年目の薬剤師、葵みどり(演:石原さとみさん)。総合病院の薬剤部にて、医薬品全般における豊富な知識を活かしながら、薬の調剤や患者への服薬指導、医薬品の管理・販売などをおこなっています。

1話では、薬剤師の業務のひとつ「疑義照会(ぎぎしょうかい)」がおこなわれるシーンがあります。疑義照会とは、医師の出す処方箋に対し間違いや疑問があるとき、薬剤師が異議を唱えること。日本では一日に約220万枚の処方箋が出されており、そのうちの6万枚以上が疑義照会にかけられ、うち約70%が処方変更となっています。処方薬の内容が適正に見直されることは、患者が安全に医療を受けるための“最後の砦”。疑義照会は、薬剤師だけがかけられる重要な役割です。

2.病院薬剤師と薬局薬剤師の違い

ドラマの主役である「病院薬剤師」と、薬剤師の中で多数派の「薬局薬剤師」は、働く場所が異なることはもちろん、業務内容や患者との関わり方にも違いがあります。

有限会社大和メディカル 薬局薬剤師 

■薬局薬剤師

調剤薬局で働く薬剤師の業務は、医師の出す処方箋にもとづき必要な薬を調剤する「処方薬の調剤業務」と、調剤した処方薬の効能や服薬の仕方、注意事項などを説明する「患者への服薬指導」が中心となります。ドラッグストアに併設している薬局の場合、OTC(一般用医薬品)や日用品の販売、接客、在庫管理、品出し・陳列もおこないます。

近年の「かかりつけ薬局・薬剤師」の制度により、薬局で働く薬剤師は、地元に暮らす人たちが日常的に薬や健康について相談できる存在としても期待されています。薬に関する知識はもちろん、健康食品やサプリメントなどの幅広い知識も求められます。利用者と信頼関係を築くコミュニケーション能力なども重要です。

有限会社大和メディカル 病院薬剤師

■病院薬剤師

一方で病院薬剤師は、入院患者や外来患者の調剤業務・服薬指導のほか、医師や看護師に対して医薬品の情報提供をおこなったり、院内の会議に参加し治療法を検討したりするなど、より医療現場に密接して業務にあたります。

病院では関わる職種も多く、医師や看護師のほか、リハビリに関しては理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などとリハビリ中に使用する薬の内容について提案したり、がん患者の緩和ケアに関しては医療ソーシャルワーカーや心理士などともチームを組み、薬物治療の提案をおこなったりします。

近年では、多職種がそれぞれの専門性を活かす「チーム医療」が主流になってきました。そのため、これまでは患者や多職種との関わりが少なかった病院薬剤師も、治療やリハビリに参加し、医薬品分野のプロとして知見を発揮することが求められています。

トピックス
(2020/04/22更新)

スタッフ日記
(2020/09/25更新)

訪問薬剤管理指導に関する
お問合せ

やまと調剤薬局 お問合せ

在宅・居宅訪問薬剤管理指導についてお聞きになりたい方やご希望の方はお気軽にご相談ください。

052-903-1163
090-8541-5185