トピックス

┃ 2021 ┃ 2020 ┃ 2019 ┃ 2018 ┃ 

 

授乳とインフルエンザ

インフルエンザについて授乳中のお母さんの疑問にお答えします。 当薬局には「妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師」の認定を持った薬剤師がいます。
ご心配なことはございましたら遠慮なくお問い合わせください。

授乳中のお母さんがインフルエンザにかかってしまった時、
授乳はしていいの?

お母さんがインフルエンザにかかっても授乳をやめる必要はありません。インフルエンザは咳やくしゃみなどによってうつります。ウィルスは気道粘膜で増殖するため、血液中には出現しません。母乳は血液からつくられるので、母乳を飲んだからといって赤ちゃんに感染するわけではありません。ただし、赤ちゃんのお世話を通して感染する可能性はあります。手をしっかり石鹸で洗い、授乳時にはマスク(ガーゼのマスクではウィルスが通過してしまうため、不織布製のもの)をつけましょう。「高熱やひどい咳が続く」「関節痛が激しくつらい」などの時は手助けがあればお願いし、休養をとりましょう。その場合は、可能な範囲でおっぱいをしぼり、赤ちゃんに飲ませてもらいましょう。
 

授乳中に抗インフルエンザ薬を飲んで大丈夫でしょうか?

現在、日本の抗インフルエンザ薬には、タミフル(内服薬)、リレンザ・イナビル(吸入薬)、ラピアクタ(点滴)があります。タミフル・リレンザは体内に吸収される量は少なく、母乳中への移行はほとんどないため、授乳中のお母さんが使用しても問題がないといわれています。 内服しながらの授乳が心配なら、抗インフルエンザ薬を服用しないという選択もあります。かかりつけの医師や薬剤師に相談してみましょう。
 

授乳中でもインフルエンザの予防接種を受けられるの?

授乳中(妊娠中も含めて)でもインフルエンザの予防接種を受けることはできます。インフルエンザ の流行シーズン前に、家族で予防接種をうけることをおすすめします。
 

トピックス
(2021/01/20更新)

スタッフ日記
(2020/10/27更新)

訪問薬剤管理指導に関する
お問合せ

やまと調剤薬局 お問合せ

在宅・居宅訪問薬剤管理指導についてお聞きになりたい方やご希望の方はお気軽にご相談ください。

052-903-1163
090-8541-5185